クリニック開業支援 クリニック開業までの流れとやるべき事 税理士法人 FP総合研究所
8.設計・建築

《ワンポイントコメント》

  • テナント開業の場合、内装建築については設計・施工を一業者で行なうことが多いが、クリニックの施工経験が少ない施工会社の場合は、医院専門の建築設計士を立てるほうがスムーズに進むことが多いです。

  • 一戸建ての場合は大手ハウスメーカーの建築とオーダーメイドの注文建築に分かれます。好みはありますが、価格的にはあまり変わりません。しかし、主要部が木造・鉄骨・鉄筋などによって大きく価格が変わってきます。

  • ハウスメーカーは設計施工が基本であるが、ハウスメーカー以外の場合は医院専門の建築設計士を立てることにより、設計レイアウトの充実や施工業者の入札を行うことなどで効果があります。

  • 患者・スタッフ・院長の導線を充分に検討し、レイアウトを考え、収納庫は多いほうがいいです。

  • 紙カルテを採用される場合は、5年間の保存が義務付けられているので、受付又は倉庫を広く作る方がいいです。






7. 開業資金の概算と資金調達の方法へ 9. 医療機器の選定へ
Copyright(C):FP Sogo Kenkyusho ページトップへ ページを閉じる