クリニック開業支援 クリニック開業までの流れとやるべき事 税理士法人 FP総合研究所
11.従業員募集・面接・採用

《ワンポイントコメント》

  • 従業員募集については、チラシ広告や求人専門チラシなどが一般的であるが、募集に遠方まで広告する必要性はないと思います。

  • 受付はサービス業であり、他の医療機関との差別化を十分に検討する必要があります。

  • 遠方から採用すると交通費が嵩むため、近いほうが良いが、あまり近くの採用も患者の知り合いなので不具合もあります。

  • 知り合いなどからの採用は、うまくいって当たり前で断らなければならないケースが出た場合は難しいという点を考慮しなければなりません。

  • 採用は特殊な場合以外は試用期間を設けて十分な気配り・目配りをしておく必要があります。

  • 人員計画は十二分に検討し、当初は出来るだけパート採用で行くほうが望ましいです。

  • 看護師の採用は難しく、勤務病院から連れて来られるケースが多いです。

  • 受付は電子カルテが普及してきているため、パソコンが出来る方が望ましく、経験者の採用も優位です。

  • 採用についても市街地・郊外で大きく異なるため十分に検討する必要があります。

  • その他、整形外科などでリハビリ補助の採用も、現在はマッサージ師やスポーツトレーナーなどの採用も増えてきています。

  • 従業員採用時は患者情報や医院情報の漏洩防止のため、誓約書や勤務内容を記載した雇用契約書などを作成し安易な口約束だけの採用はしないようにしなければなりません。

  • 最近は、派遣業者からの受付・看護師の採用も増えてきています。

 

優秀な人材の確保が成功への第一歩

患者さんとの応対など、医療サービスを提供するのは、看護師や受付などのスタッフです。この人材によって診療所の評判が決まったりすることもあるくらい、人の問題は重要です。まさに開業成功の第一歩といえるでしょう。どのように優秀な人材を確保するかが大きなポイントになります。一般的な人材確保の方法として以下の3つがあげられます。

  1. 過去の人脈に頼って集める
    幅広く声をかけておかなければならず、紹介されたらどんな人でも断るのは難しいという点も考慮に入れなければなりません。

  2. 人材派遣会社に依頼
    紹介予定派遣という形態になります。1年以内の期間派遣で受け入れて、良ければ雇用に切り替えるというものです。スタッフとしての適性が事前に見極められるというメリットがある反面、派遣料に紹介料がプラスされるのでコストは高くなるというデメリットや、派遣会社が優秀な派遣スタッフを常時確保しているかは不明です。

  3. 募集広告での採用
    どのような人材が応募してくるかはわかりません。どんな媒体に求人広告を掲載するかを事前に検討しておく必要があります。また同時に労働条件はどうするのか、面接では何を中心に見極めるのかなどの点も検討しておく必要があります。

どのような方法でスタッフを確保するにせよ、せっかく確保したスタッフに直ぐ辞められてはせっかくの苦労も水の泡となります。採用してから3か月間は十分な気配りと目配りが必要になります。また、後々トラブルにならないように、面倒でも雇用契約書を取り交わし、就業規則も整備しておくことが労務管理上からも望ましいといえます。

 

優秀な人材に共通する特性

クリニックで採用を進める際に特に必要となるのは、いかに良い人材を採用するかということです。しかし、「良い人材」とはどのような人かというのを事前に把握していないと採用面接等を実施しても見過ごしてしまうことになりかねないため注意が必要です。
看護師、受付医療事務の良い人材の主な特性は下記のような経験や技能から推し量ることができます。

【看護師】

  1. 同じ診療科目に従事経験あり(入院・外来)
  2. 世話好きで、聞き上手なタイプ
  3. 勉強家で独自の考えを持っているがDrを立てるタイプ
  4. 野立看板
  5. 電車・バス広告
  6. ポスティング/新聞折込みチラシ
  7. 家族に対する目線で患者に対応できるタイプ

【受付医療事務】

  1. 礼儀正しく、笑顔をたやさない
  2. 聞き上手で、説明能力が高い
  3. 責任感が強い
  4. レセプト請求が出来る
  5. 簿記の知識がある

 

従業員面接

  1. 書類選考
    主に職務経験の有無を確認し、特に外来の経験のある看護師は貴重な存在です。採用したい診療科目の経験、出身学校、資格の確認を行います。

  2. アンケート
    面接開始前にアンケートを書いてもらい、履歴書で確認ができない項目や応募者の希望・条件等を記入してもらいます。

  3. 面接
    質問内容は応募理由・前職の退職理由・自己ピーアールなど、また挨拶の仕方、目線や会話の聞き方・答え方などの態度を見極めます。
10. 広告・宣伝へ 12. 従業員教育・研修へ
Copyright(C):FP Sogo Kenkyusho ページトップへ ページを閉じる