書籍詳細 税理士法人FP総合研究所
  駐車場経営と税金 ~こんな手もある新土地活用~

発行:平成27年10月
価格:648円


チェックリストに追加
ご注文

!書籍の内容書籍の内容
   土地活用において、アパート・マンションの建築による相続税対策は、その敷地の相続税評価額の引下げと、建物の建築価額と相続税評価額の乖離を利用した最も基本的な相続対策の一つといえます。  また、その敷地の固定資産税等も軽減されるなどのメリットもあります。しかし、多額の投下資金を必要とすることから、経営リスクも大きく、また、賃借人とのトラブルや原則として立退きさせることができないなどのデメリットもはらんでいます。   一方、駐車場経営の場合には、相続税や固定資産税等の軽減効果は多くは期待できませんが、賃借人とのトラブルの心配も少ないというメリットがあります。  駐車場経営は、経営リスクと投資コストを最小限に抑えるための土地活用の一つの方策として検討に値すると思われます。  そこで、駐車場経営の様々な形態についてや、税金はどのような取扱いになるのかについて、第一章では所得税の課税関係、第二章では消費税の課税関係、第三章では固定資産税の課税関係について解説しています。また、第四章では、相続税法上の評価を中心にその概要を解説し、第五章では駐車場設備等の償却方法について、第六章では駐車場の登記についても言及しています。 この小冊子が、駐車場経営を考える人にとって少しでも参考になる部分があれば幸いです。  
 
Copyright(C):FP Sogo Kenkyusho ページトップへ ページを閉じる