書籍詳細 税理士法人FP総合研究所
  相続財産がないことの確認

発行:平成28年12月
価格:3,024円


チェックリストに追加
ご注文

!書籍の内容書籍の内容
  高齢化社会を迎え、高齢夫婦・高齢単身世帯が増加し、相続が開始すると財産がどこにどのように管理運用されていたか確認が困難です。税理士は、相続税の申告実務を通じて培った隠れた財産を探す具体的な方法を知っていることから、遺産整理業務や相続税の申告業務における財産目録の作成について唯一の専門家であると考えられます。 遺産争いに発展する事例に共通していることは、特定の相続人が遺産の内容について開示しないことにあります。また、他の共同相続人から被相続人の財産はもっとあるはずだと疑念を持たれると、遺産分割協議すら始められません。 そのため、財産目録の作成に際しては、「ないこと」の確認も重要です。相続税の申告実務や遺産整理業務において、遺産分割や申告漏れ財産を生じさせないためにも行うべきものです。 そこで、第一章では、相続税の適正申告において、申告漏れ財産を生じさせないためにも、相続実務において重要な「ないこと」の確認の必要性について、第二章以下では、確認作業における請求資料など実際の様式の記入見本や回答書などを用いて、解説することとします。  
 
Copyright(C):FP Sogo Kenkyusho ページトップへ ページを閉じる