書籍詳細 税理士法人FP総合研究所
  設例解説 遺産分割と相続発生後の対策【六訂版】

発行:平成29年08月
価格:4,200円


チェックリストに追加
ご注文

!書籍の内容書籍の内容
   相続税制は、その始まりから幾多の変遷を経て現在に至っていますが、近時では、その内容は、かなり長期にわたり変更なく維持されてきます。例えば遺産に係る基礎控除が、平成6年改正により定額控除5,000万円・法定相続人1人当たり1,000万円とされてきましたが、平成26年まで維持されました。
 なお、平成25年改正(平成27年施行)により、上記基礎控除額は、各要素を40%減とした定額3,000万円・法定相続人1人当たり600万円に減額されています。
 贈与税については、平成15年度の税制改正により、相続時精算課税制度が創設・施行され、特定贈与者からの贈与財産について、従前からある暦年課税の贈与税課税によらないで、特定贈与者ごとに、各年の受贈財産について、相続精算課税を選択・適用する制度が設けられました。
 今回の六訂版では、これらの制度を含む重要な事項について、適切な事例を掲げて、その要点解説を行うことを念頭にその改定作業をおこないました。
 
 
Copyright(C):FP Sogo Kenkyusho ページトップへ ページを閉じる