4.活用後の企業側と従業員側