税理士法人FP総合研究所 税理士法人FP総合研究所 株式会社FP総合研究所 松原健司行政書士事務所
   
サイト内検索
東京:03-3580-0805 大阪:06-6267-0808 個別相談 お問い合わせ 個人情報保護方針 サイトマップ 会社概要 ホーム
資産税情報 企業経営情報 医業経営情報 研修会のご案内 書籍 採用情報
 
研修会のご案内
  TBC研究会

相続対策実践講座

次回セミナーのご案内

過去のレポート

法人部セミナー

日本FP協会認定 継続教育研修
 
 
研修会ご予約の確認
 
研修会・ご予約確認 携帯サイト
 
  相続対策実践講座 過去のレポート
前年度  次年度
 
 
1月 28日(土) 34名 『 平成29年度税制改正速報~資産税関連税制を中心に~ 』
税制改正大綱に基づき、住宅税制、譲渡課税や相続税・贈与税の改正の概要について、各省庁から公表されている資料などを引用し、改正の趣旨なども含め分かり易く解説します。  また、改正法案が施行される前に行うべき対策や、改正に伴う税負担の増減などについても検証し解説しました。
 
4月 2日(日) 36名 『 相続税軽減4つの基本対策 』
相続税の軽減の対策は以下の4つに分類されます。①非課税財産への組み換え、②時価と相続税評価額の差額を活用、③より低い税率の課税を選択、及び④資産の増加防止対策です。  4つの基本対策の内容について、無理なく、時間を活用して相続税の負担軽減のための具体的な対策について解説しました。
 
7月 8日(土) 31名 『 最近の相続対策の傾向とその問題点 』
 平成29年の相続税の大改正以降、納税者の相続に対する関心の高まりとともに、金融機関や建設会社などを中心に今まで以上に相続税対策を切口にした様々な提案が行われるようになりました。そこで今回は最近の相続税対策の傾向とそれらの対策におけるよくある勘違いや問題点を中心に解説させていただきました。
 
10月 1日(日) 30名 『 後悔しない遺言書・家族信託の活用法 』
公正証書遺言の作成件数は、平成26年以降、年間10万件を超えています。
 しかしながら、記載内容が十分でなければ、相続発生後に余計な混乱を招きかねません。
 また、後継ぎ遺贈型の家族信託を活用すれば、遺言書ではカバーできないケースの財産承継も可能となります。
 財産所有者の想いが正しく伝わる遺言書の作成方法や家族信託の活用法について解説します。
 
 
Copyright(C):FP Sogo Kenkyusho ページトップへ