セカンドオピニオン

 医療の世界において、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況や次の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めるセカンドオピニオンは今や常識となりつつあります。

 医業経営やそれにまつわる税務・会計においても同様で、非常に特殊性の高いこの分野は、医業専門税理士の「第2の意見」を知ることで、顧問税理士の判断や見解を別の角度から検証することができ、新たなスキーム等が提案された場合には選択の幅が広がり、より納得のいく決断をすることが可能となります。

  • 今の医業経営に不安がある
  • 顧問税理士から戦略的で積極的な各種提案を受けていない
  • 医療法人成りについて質問をすると、いつも否定的な回答をされる
  • 医療法人成りの提案を受けたが、税金の試算額や提案内容について再検証したい
  • とにかく何でも色々聞いてみたい

 一つでも該当する項目がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 専任担当者がじっくりとご相談内容をお聞かせいただき、今お困りの問題を解決へと導きます。